トップページ > 構造計算 > その他のご相談

その他のご相談

建築物の構造とは範囲が広く、材料、納まり、コストなど様々なことに関係し影響します。一概に構造計算で成立すれば良いと言うものではありません。構造的に成立したとしても、使用する材料が入手できない、加工できない、予算オーバーになる、などの可能性があります。同じプランで同じ耐震等級でもコストに差が出ることがあるので注意が必要です。

 

企画プランの構造確認

企画プランの構造確認のご依頼も承っております。

事前に構造計算しておくことによって商品の信頼性が高まりますし、販売後に毎回、構造計算する必要がなくなります。「企画プランを作って売れたはいいが、耐震等級が取れなかった」と言うことにならないようにしたいですね。

 

勉強会なども

構造を理解し予想を立てておかないとプランを作成することは本来できないものです。しかし、実際はプランを作成してから耐震等級2や3が取れる様に構造を後付けしていることが多いです。すると場合によっては、当初の予算も崩れてしまうことがあります。その様にならないよう、勉強会を実施することで知識を広めることもできます。ご相談ください。

 

勉強会の例

「だれにでも出来る外皮計算書」

某フランチャイズ本部の依頼により、全国10ヶ所で「だれにでも出来る外皮計算書」と題して勉強会を行いました。同フランチャイズでは、独自の断熱工法を取り入れた省エネ性が高い住宅を販売しているため、加盟店が外皮計算の仕組み、計算作業を習得することは欠かすことができないとのことでした。

 

当社では、独自の断熱工法に対応したオリジナルの外皮計算プログラムを作成し、計算作業が簡単に入力できて、計算結果も理解し易い方法を提案し、併せて勉強会を実施しました。

 

勉強会は約2時間、プロジェクターを利用し、実際にパソコンでの入力作業を一つ一つ確認しながら進め、一般的なマニュアルやセミナーでは出て来ないテクニックや裏話なども交えながらご説明し、参加者からも好評をいただくことができました。

 

勉強会の様子

tosho2

 

フランチャイズ本部の会報

kaiho

 

その他、構造に関すること、長期優良住宅や低炭素住宅の申請に関することなども、ご相談ください。

 

cta1 cta2 cta3
ページの先頭へ