トップページ > 用語解説 > 外皮計算って何ですか?

外皮計算って何ですか?


tag : [ ]


外皮計算とは「外皮平均熱貫流率(UA値)」を算出する計算のことです。UA値は従来の「熱損失係数(Q値)」に変わる指標で、数値が小さいほど性能が高いことを表しています。
建物の各部位(外壁・窓・天井・床)から逃げる熱損失を合計し、外皮面積で割って求めます。(外皮とは、熱的境界になる外壁・床・天井・屋根・窓・ドアなどを指します。
熱損失係数(Q値)との主な違いは、Q値は各部位の熱損失量を合計し、それを床面積で除して求めていましたが、UA値は熱損失量を外皮面積で除して求めています。その際、換気による熱損失は考慮しません。Q値計算では、床面積の大きな家が数値的に有利になる傾向がありましたが、UA値では、建物規模によるばらつきは出にくいという特徴があります。

 

 

 

《 外皮計算のご案内  》

用語集タグ一覧

[全て見る] [構造] [木造] [軸組] [ツーバイフォー] [温熱] [制度]

 

cta1 cta2 cta3
ページの先頭へ